化粧水選びには細心の注意を

年々、ニキビやニキビ跡を消す効果のある化粧水の需要が高まっています。

これは20代以降になってからできる大人ニキビに悩む人が増えてきているからであり、それを美容皮膚科ではなく化粧水で治療しようと試みる人が増えてきたということでもあります。

即効性や確実性があると言われているため美容皮膚科やクリニックでの手術で治療を試みる人もいますが、高額な費用が必要になることや多くの失敗談が出回っていることから敬遠する人は多いです。

一方、化粧水による治療はニキビ・ニキビ跡を消すのに時間こそかかるものの、根本的な治療ができ、なおかつお金をあまり必要としないことから人気を博しています。

しかし、このニキビ・ニキビ跡専用化粧水を選ぶときにはかなり吟味する必要があるので注意が必要なのです。

必要なのは油分ではなく水分

ニキビやニキビ跡を消すのに一番大切になってくるのは肌の潤いで、化粧水は保湿作用が高いものを選ぶとまず間違いありません。

このとき大事なのは、肌の潤いを保つためには油分ではなく水分を重視することが必要ということです。

そのため、化粧水はたっぷり使って肌に潤いを与えられるものを選びましょう。

コンプレックス商材法でよくあるのが、「肌の乾燥を防ぐため、少しの量で効き目抜群なアルコールタイプの化粧水を使いましょう!」 という油分多めの化粧水を販売していることです。

もちろん、このタイプの化粧水にもメリットはあるのですが、ニキビ・ニキビ跡を消すことにはまったく適しておらず、むしろ肌をいたずらに汚すだけになってしまうことも珍しくありません。

そのため、ニキビ跡を消すための化粧水を選ぶときにはしっかりと吟味することが大事です。

ニキビの化粧水選びはまず自分のニキビやニキビ跡の症状を理解することからはじまります。

そしてニキビ跡でもっと多いといわれているのが赤みのあるニキビやニキビ跡です。

ほとんどの方が赤みのある症状ですので、この症状に適した化粧水を選ぶことがニキビ跡を治す一番の近道です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ