悪質なコンプレックス商法とは

コンプレックス商法とは、一言で言えば多くの人が抱えている危機感や劣等感につけ込み効果・効力がないような商品や高額な商品を購入させたり、美容形成手術を受けさせたりする悪質な商法のことです。

具体的には容姿(身長・体型・ニキビ跡などの肌の状態・顔の造作・胸のサイズ・ペニスサイズ・ペニスの状態etc)などで世間一般の人々と比較した際に劣っている部分に関して、コンプレックスを抱かせることで購買意欲を抱かせる商法です。

このコンプレックス商法の巧妙なところは、自分にとっては恥ずかしい部分にかかわる問題のため購入者・経験者にとっては口外しづらいため、潜在的な被害者の数がかなり多いということです。


有名なコンプレックス商法は

  • 体験談商法
  • ダイエット商法
  • 健康商法
  • 豊胸手術
  • 包茎・早漏・ペニス増大手術

これらすべては年々、新しい商品、新しい方法が世の中に出てきており、確かな効果・効力を発揮するものも珍しくはありません。

しかし、法外とまではいかないものの明らかに高額な金額設定をしていたり、オカルト的な要素を含んでいるものがあるならば、それはコンプレックス商法を疑っても間違いはありません。

もし、何らかのコンプレックスを解消しようとしている場合には、必ずその効果・効力の裏付けをとるようにしてください。

それが一番の対処法です。

【追記】

テレビや雑誌を見ていても、コンプレックスを解消するための商品の広告がこれでもかこれでもかと掲載されています。

その中でも、その傾向が一番強いのが、ホットペッパービューティなどの女性をターゲットとしたフリーペーパーの中の広告と、タクシーに置いてあるリーフレットではないでしょうか。

わたし自身時々タクシーを利用する際にAGA等の冊子を見て嫌な気持ちになっているのですが、2016年からタクシー業界でもコンプレックス商品の広告を控える動きが広がってきているようです。世の流れでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ