包茎手術を受けるクリニックは慎重に選ぼう

包茎手術商法とは、多くの男性が抱える性の悩みの代表格であるペニスの悩みの手術――特に包茎手術の時に、必要がないのにもかかわらず本来不必要な手術を行ったり、金銭を過剰に請求するような姿勢が見え隠れしているクリニックの商法です。

典型的な例としては、「ペニス増大手術を執拗に進めてくる」「包茎手術のプランで、金額が高いものを推奨される」といったような半強制的なオプション手術の推奨が顕著かつ頻繁に行われているような商法が包茎手術商法と揶揄されます。

勿論、この手の推奨はどの病院でもある程度は行われます。

しかし、包茎手術のような自由診療において、患者の満足・患者の希望よりも病院の利益の追求への比率が高くなってくると怪しいです。

この包茎手術商法による被害者は多く、一部のクリニックに対しては国民生活センターなどの公的機関が利用者に対して注意喚起をする事態にまでなっているケースも存在します。

さらに悪質な例として挙げられるのは、包茎患者の不安を煽るような医者がいるクリニックです。

たとえば、「今のまま手術を行っても炎症がひどいため、満足にセックスができない。コラーゲン注射による適切な処理が必要」「女性のさらなる快楽に結びつくからシリコンボールを埋め込むことをおすすめ」「男としてのさらなる自信に繋がるペニス増大手術を一緒に受ける方も多いですよ?」といった、いかにも「現状のペニスで包茎を手術しても、事態はあまり好転しない」といったようなことを暗喩した勧誘をしてくるクリニックがあります。

これらは特に判断能力に乏しい学生や、シニア、肥満の男性を対象に勧められることが多いです。

包茎手術商法への対処法

対策としては包茎治療クリニックを事前にしっかりと調べることです。

公式サイトや口コミを参考にすることを強くお勧めします。

また、初診の前には必ず電話やメールを利用して事前カウンセリングを受けることもお勧めします。

最後に、包茎の治療法や対策について説明しているサイトを一つご紹介しておきます。

包茎を専門のクリニックで治療するのではなく、自分でできる対処方法について紹介していますので、参考にしてください。
●参考サイト 包茎を改善する肉体改造方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ