豊胸手術を受ける前に知っておくべきこと

豊胸手術を受けるその前に知っておかなければならないことがあります。

女性は自身や他人の胸の大きさを気にする生き物で、できることなら胸を大きくしたいと思っています。

それは男性に対して良く思われるため、色気を醸し出すため、色々な服を着るためと様々な理由があるからです。

女性のバストアップに対する思いは並々ならぬものがあり、胸を大きく見せる矯正下着が飛ぶように売れていたり、バストアップマッサージが雑誌で特集を組まれるほど人気を博していることからも分かります。

この矯正下着やバストアップマッサージは安全であまりお金がかかりませんがその分、効果が表れるのが実感しにくいです。

そのため、お金はかかるものの確実に大きくできて効果を実感しやすい豊胸手術を受ける人は大勢います。

この豊胸手術を受けるときには気を付けなければなりません。

なぜなら、豊胸手術はコンプレックス商法の入り口になることが多いからです。

具体的な手口は、豊胸手術を終えた後に、「せっかく巨乳になったのだからくびれも作ってみたいと思いませんか?」「巨乳になったことで多くの男性に見られると思いますので、ムダ毛を全部抜いちゃいませんか?」といったようなオプション手術・オプション治療を勧めてきます。

これは、以前書いた【包茎手術商法とは】で紹介した包茎手術商法と同じく、患者の満足・患者の希望よりも病院の利益の追求への比率が高くなっているような勧誘手口です。

コンプレックスを改善するとともに、潜在的な欲求や不満を煽る手口ということですね。

対策としては豊胸手術を取り扱っている美容形成クリニックを事前にしっかりと調べることです。

公式サイトや口コミを参考にすることを強くお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ